昭和7年からー 神戸市中央卸売市場開設以来の
刃物・包丁・手かぎ・料理用具の専門店

堺正元への商品へのこだわり

≪6≫お客様と長いお付き合いを

アフターケアを充実
末永くご愛用頂きたいから

1)どのような修理でも対応します

包丁はきっちり管理して使用すれば、半分ほどの長さになるまで長く使えます。
そのためには研ぎ直し、柄替え等のメンテナンスが大切です。自分で研いでいて形がくずれてしまったものも、型直しいたします。

柄替は「ほう口輪プラ柄」、「ほう口輪水牛柄」、「銘木」の中から選べます。

牛刀でも柄替ができます。 牛刀でも柄替ができます。 中子おれの修理牛刀でも柄替ができます。

割れた柄を使っていて、中子(包丁のしん)がさびて 折れてしまった場合も、溶接して修理することが可能な場合もあります。
その他のアフターケアについて

現在 大切に使用していて、もう使わない大事な包丁を供養することも検討中です。

2)セルフメンテナンスのお手伝い

研ぎ方教室の開催を準備中です。

砥石の選び方、さびの取り方、包丁をさらに光らせる磨き方(鏡面研ぎに近いもの)等、ご相談ください。

<

それぞれ当社のこだわりについてご紹介しています。ぜひご覧ください。